安心院葡萄酒涌工房

赤ワイン

Red Wine
安心院ワイン 諸矢 タナ

安心院ワイン 諸矢 タナ

720ml  4,008円(税込)

タナとは”タンニン”の語源 力強い味わい

主な香り
ローストしたナッツ、クローブ、カシス、ブラックベリー
こんな料理に
鹿の黒酢和えステーキ、黒ゴマ豆腐、ビーフシチュー
チャート

テイスティングノート

品種
アルコール分
11.1%
果汁糖度
20.6度
製造工程
製造方法 醸し発酵(木桶)
発酵期間 約2週間
熟成期間 樽熟成約1年(新樽100%) 瓶熟成約1年 合計約2年
ブドウ収穫
2018年9月8日~12日
充填日
2019年12月19日
新樽比率
100%
気候
1、2月は低温傾向が続いたが、3月以降は一転して気温の高い傾向となり発芽後の生育は例年より早い状況であった。梅雨入りは平年より8日早い5月28日頃で6月下旬から7月上旬にかけて集中豪雨となったが大きな被害の発生は無かった。梅雨明けも平年より10日早い7月9日頃でその後、8月中旬頃まで高温干ばつが続き醸造用ブドウにとっては小粒で凝縮感のある状態で収穫がされている。
テイスティングコメント
艶やかで輝きのある濃いガーネット色。ブラックベリー、カシスの様な果実やドライフルーツなどの干した果実、コーヒーやバニラのほかトリュフの様なキノコの香りが感じられます。アタックは強く、ザラつきのある豊かなタンニン、酸味が柔らかくて心地よく感じられます。骨格がしっかりしており余韻の長い重厚な味わいです。熟成させることでさらなる魅力が引き出せるワインです。(テイスティング日:2020年12月06日)
品種
アルコール分
11.2%
果汁糖度
19.1度(平均)
ブドウ収穫
2017年9月13日
充填日
2018年12月21日
気候
例年より全体的に降水量の少ない年で特に梅雨時期の天候に恵まれた年であった。7月上旬に九州北部は豪雨に見舞われたが安心院町では大きな被害は無かった。また、9月中旬から雨天が続く状況であったが収穫は長雨の影響を受ける前での収穫となり健全なブドウが収穫されている。
テイスティングコメント
艶やかで輝きのある濃いガーネット色。香りは閉じていてやや弱めだが、グラスを回すとベリー系の果実やドライフルーツ、スパイスの香りが出てくる。アタックは強く、豊かなタンニン、心地よい柔和な酸味が感じられる。骨格はしっかりしているがまだまだ若く荒々しい印象。ポテンシャルが高く熟成させてから楽しみたいワイン。(テイスティング日:2019年12月25日)